outline

21世紀は再生医療の時代といわれています。臓器移植においてはドナー不足のためになかなか必要な臓器が確保できません。そこで細胞移植療法が注目されています。骨髄移植や人工皮膚移植は既に臨床応用されています。また胚性幹細胞(ES細胞)や人工万能細胞(iPS細胞)からいろいろな細胞を分化誘導することができるようになり、すぐに患者さんの治療に役立つのではないかと期待されるようになってきました。確かにこれらの細胞から望みの細胞を作り出すことは可能となりましたが、まだ分化効率が低かったり、移植後の腫瘍形成などの安全性に問題が残るために、臨床応用の手前で足踏みしています。  当研究部では「幹細胞研究」により再生医学を究めながら、「皮膚の細胞を用いた細胞や組織の移植による新しい治療法の開発」を目標にして、再生医療への実践を目指しています。また皮膚科領域だけでなく、可能なかぎりあらゆる医学領域に臨床応用していきたいと考えています。